HOME » ダイエッター必見!いま注目のパーソナルトレーニングとは? » キツいって本当?

キツいって本当?

とてもハードなトレーニングだと思われがちなパーソナルトレーニング。ここでは、パーソナルトレーニングの筋力トレーニングや、食事制限についてご紹介しています。

理想が高ければトレーニングもキツい

ダイエットはしたいけれど、運動がキツいのは嫌。パーソナルトレーニングにイマイチ踏み切れない理由のひとつのようです。パーソナルトレーニングは、自分ひとりではできない重さの筋トレもできるのが特徴のひとつですから、トレーニングがキツいのは当たり前。

しかし、他のダイエットと違い、どんな人も一律の辛いトレーニングを要求されることはありません。筋力がある人にはそれだけ重い負荷をかけるメニューが用意されますし、これまであまり運動してこなかった人には、より優しいメニューが用意されます。

特に、ダイエット目的であることや、今まであまり筋トレをしたことがないことをパーソナルトレーナーに相談すれば、緩やかなメニューから始めることができます。逆に、筋骨隆々な体に鍛え上げたいのであれば、身体を苛め抜くようなハードなメニューを組んでもらうこともできます。

「どのような体にしたいのか、どれぐらい痩せたいのか」という目的と、今の時点でどれぐらいの運動量がこなせるのかを総合的にパーソナルトレーナーが判断。そこでメニューが決まりますので、キツいのが苦手な方は、事前にトレーナーさんに相談してみると良いでしょう。

実は楽しい筋力トレーニング

始めは慣れない筋トレで筋肉痛がキツいと感じることもあるかもしれません。しかし、動いて消費カロリーをどんどん増やしていく筋力トレーニングのおかげで、体重がみるみる落ちていきます

どんどん減っていく体重をみれば「これだけ効果があるならもっと頑張ろう!」という気持ちになるものです。しかもひとりでなくトレーナーも一緒に喜んでくれるので、トレーニングのしがいがあります。

筋トレの肉体的な辛さよりキツいと言われるのが「停滞期」。頑張っても成果がでない状態が続くと、成功への不安や自分自身への苛立ちが募ることもあります。こういった気持ちは、まずはトレーナーさんに伝えましょう。

実は、「停滞期」で体重が落ちない時が最大のチャンス。脂肪が筋肉に変わっていっているため体重は変わらないのですが、身体は確実に変わっています。そこを超えれば、あとはまたみるみると体重を落とすだけです。

意外と辛くない食事制限

辛いと思われがちな「食事制限」。確かにダイエット中ずっと白米が食べられないのは辛いですが、3食たっぷり食べることができるので、空腹は全く感じません

また、以外とコンビニでも食べられるものがあるので、忙しくても食事制限のルールを徹底することができます。

初心者でも簡単にトレーニングできる東京のパーソナルトレーニングジムを紹介!

無理なく健康美ボディ東京のパーソナルトレーニング3選

無理なく健康美ボディ東京のパーソナルトレーニング3選

こだわりたいのはどれ?
おすすめのパーソナル
トレーニングジムin東京

みんなのホンネは?
東京のパーソナル
トレーニングジム口コミ特集

もっと見る

お仕事帰りに寄れる!
都内人気エリアの
パーソナルトレーニング

20代OLが挑戦!
都内パーソナル
トレーニングジム体験レポート

ダイエッター必見!
いま注目のパーソナル
トレーニングとは?

サイトマップ